【ポケマス】タイプによる弱点が変更!『効果はいまひとつ廃止!?』

ポケモンマスターズ


こんちゃっす。ひろちょんです。

ポケマスでは、ポケモンシリーズで見たことのないタイプ仕様変更がされていました…

弱点の数々や『効果はいまひとつのようだ…』が廃止さているみたいです…

今回は従来のポケモンと比べた時の変更についてまとめてみました!

もくじです~

  1. タイプの何が変わったか
  2. タイプの仕様変更によって何が起こるか

スポンサードサーチ

タイプの何が変わったか

mizedeppo

大きく分類してこちらの2点が大きな変化と言えます。

  • ダメージ軽減系の廃止
  • 弱点タイプが一つに

詳しく解説していきますね。

ダメージ軽減系の廃止

従来のポケモンシリーズでは、『使用する技のタイプ』と『防御側のポケモンのタイプ』によってダメージ量が変化していました。

例えば、

使用する技のタイプ 防御側のポケモンのタイプ 効果
でんきタイプの技 みずタイプのポケモン 効果ばつぐん
(=ダメージ量1.5倍くらい)
でんきタイプの技 くさタイプのポケモン 効果はいまひとつ
(=ダメージ量半分くらい)
でんきタイプの技 くさタイプのポケモン 効果はない
(=ダメージ量0)

といったように、タイプによって技の効果が半減されたり最悪効果が無くなったりしていました。

typehyo-

↑これを見ながらよくDSでポケモンしてました(/・ω・)/

ですが…

ポケマスでは、この効果が半減されたり、無くなるというシステムが廃止されました!

↓つまりポケマスではこのようになります。

使用する技のタイプ 防御側のバディーズのタイプ 効果
でんきタイプの技 みずタイプのバディーズ 大ダメージ
でんきタイプの技 くさタイプのバディーズ 通常ダメージ
でんきタイプの技 くさタイプのバディーズ 通常ダメージ

ずばり『どのタイプのバディーズ』に『どのタイプの技』をあててもダメージを与えられるということ!

弱点タイプが一つに

jakutendayo

先ほどのタイプ表を見て頂くと、『防御する側のポケモンのタイプ』に対して『使用する技のタイプ』が多数存在していますね!

例えば、『防御する側のポケモンのタイプ』が『ほのおタイプ』だったとすると

防御する側のポケモンのタイプ ほのおタイプ
弱点技のタイプ みずタイプ、いわタイプ、じめんタイプ

このように『使用する技のタイプ』が多数存在しているわけですね!

ところがポケマスでは弱点タイプにこのような事が起こります。

防御する側のバディーズのタイプ ほのおタイプ
弱点技のタイプ みずタイプ←スッキリ

スッキリしました!!

そーゆー問題じゃないですね…笑

つまり1つのバディーズのタイプに対して1つの技のタイプを考えれば良いということ!

タイプの仕様変更によって何が起こるか

badenitsuite

次に仕様変更によって、変化するポケマスの環境について考察していきます!

ダメージ軽減系廃止では…

これは『チームを同じタイプで固めるのは危険』ということ。

もし同じタイプばかりのチームだったら…

敵が自分のバディーズ達のタイプに対して有利なタイプの技を持っていたとすると、すぐに倒されてしまいますよね…

なので同じタイプを固めて育てていると、クリアしにくいステージが出てきます。

逆にメリットもある

そういえば…自分の技のタイプ関係なしにタイプによる半減はない

つまり

チームのロールをアタッカーで固めていれば、ゴリ押しでクリアできる!

>>>ロールの説明はコチラ

より直感的にステージをクリアできるような仕様に変更されたということですね~

スマホ版でより多くの方に楽しんでもらうために機能を簡単にしたか、システム的に鬼門だったのか、どっちでしょう…笑

弱点タイプが一つになると…

率直に弱点タイプが減るのは、タイプを覚えきれていない僕からするととてもありがたいですね。

つまり弱点を減らすことは『ゲームの難易度を下げる』ということ。

運営さまが新規ユーザーを獲得したい

少し良い言い方をすると

老若男女多くのユーザーにポケマス楽しんでもらいたい!

という運営さまの意思が感じられます。笑

スマホでゲームを出すということは、そのような狙いがあって当然ですね!

スポンサードサーチ

まとめ

タイプについてめちゃめちゃ書いてみました。こんなにタイプと『タイプした』のは初めてかもしれません。笑

特にダメージ軽減系の廃止はゲームにどんなバランスを与えてくるのかが不明なので、要注目ですね!

ポケモン』⇒『ポケマス

このゲーム性の変化は新しいポケモンの姿を見られるようで楽しみです!


最後まで読んで頂きありがとうございました。

気づいたこと、記事の感想、この文章おかしい…などなどございましたら、お問い合わせページにてお問い合わせください。

最後にTwitter(@heacet43)フォローとかこのサイト(https://heacet.com)をお気に入りにしてくれると嬉しいなぁ…笑