アドセンスに6記事で通る方法【審査が遅い?】【20記事も必要ない!】

ブログ


こんちゃす!ひろちょんどす!

アドセンスについて現状がどうなっているか調べようと思ったら、驚きの検索候補が出てきました。
search-min

検索候補を見る限り「アドセンスの審査に落ちてしまった。」とか、「2019と調べる→アドセンスの最新の基準を知りたかった」などがわかりますね。

なので今回は6記事目(審査開始から1週間)でアドセンスの審査に通った僕が実践したことを挙げていこうと思います。

今回の目次です。

  1. とりまアドセンスの審査に申し込み!
  2. 審査の結果が遅い…
  3. アドセンスに見事合格!

スポンサードサーチ

とりまアドセンスの審査に申し込み!

entry

行動を起こしても、デメリットがないことに関しては勢いが大事です!
なにせアドセンスに落ちたとしても、逆になぜ落ちたのかアドバイスをGoogleの方から頂けるので、メリットしかないわけです!

正直、アドセンス審査の申し込みにビビっていた。

そうなんです。最初は審査の申し込みになかなか踏み出せませんでした。なぜなら、いくら調べてもこのような記事ばっかりでした。

  1. 記事の文字数はすべて1500字以上
  2. それを満たした記事を20記事以上!?
  3. もちろん毎日投稿1か月継続!?!?

もう震えますよ。これは1記事しか投稿していない初心者ごときが手を出してはいけない聖域なのだと思っていました。まあそのようなことを書いている記事を読んだからには『実践あるのみ!』と意気込み、1500字は超えれるのですが…

毎日投稿などメンタルが持ちませんでした。

なにせ続かない。文を考えるので精いっぱいの中、サイトのデザインが気に入らなかったり、サイト作りのツールを実装していたら、更新は4日に1回が限界でした。
このような流れが続いて、PV数ももちろん上がらず、何を目標に続ければいいのかわからなくなっていました。

そして転機が訪れる!

そんな時に、僕とは今は進む方向は違うのですが、目標は同じである友達くんに『とりあえず申請したら?』と言われました。もちろん僕は申請しない理由を踏まえて反対しましたが、話しているうちに僕が一歩前へ進む勇気がないだけのことに気づきました。確かに落ちたからと言ってデメリットはない。ネットの意見に振り回されて、おかれている状況を客観視することができませんでした。

アドセンスの審査を通るという目標ができる!

それからすぐにアドセンスへの申し込みを完了させました。そこから毎日が一瞬で過ぎるようになりました。つまりモチベが急上昇したわけです。やはり申し込んだからには落ちるのは嫌だし、友達が見ている上での申し込みだったので、変なプライドのためにも失敗をすることはできませんでした。

アドセンス合格に向けてとった行動

アドセンスの審査を通るにはどうしたら良いのかを、アドセンスの規約を読み最短でアドセンスに合格している人の記事を参考にしたりしてリスト化したのがこちらになります。

プライバシーポリシーを設立

まず良く言われているのがプライバシーポリシーの作成ですね。こちらはadsenseを使うとなったからには、Google側も広告主様から案件を頂いているので、載せる側にもそれなりの責任を持っていて欲しいということでしょう。僕はこちらのサイトを参考に作成させていただきました。
そして実際に作成したのがページ下部のこのサイトについてにあります。

プライバシーポリシーの規約的にお問い合わせページを作成

プライバシーポリシーを作成するにあたって、プライバシーポリシー中に書かれてしまっているため、作らなければいけませんでした(笑)。色々挑戦したのですが、プラグインにより作成したので、ちょっと苦戦しました。
実際に作成したお問い合わせページについてはサイドバーとページ下部にあります。

3日に一度は記事を更新

やはりアドセンスさんも更新しないような方に、いちいち広告を載せる権利を挙げていたらきりがないと思うので、書いている投稿主がいる事を証明するために、3日に一回は更新しようと思いました。またサイトのデザインも落ち着いてきたので、更新する余裕もできました。

☆優秀なテーマを使う☆

正直僕に関してはこの部分が非常に大きい気がしますね。こちらのサイトは色々と編集しましたが、テーマの元が天下のmanablog様の有料テーマを使っておりまして、SEO対策についてはGoogleさんに満点を頂きました。レスポンシブにも一応対応(改善しなければいけない点多数アリ)していて、初心者でもある程度検索には引っかかるようにはなっていました。

そして1週間がたちました…

審査の結果が遅い…

waiting

もう一日一日が長い。気持ち的には、告白したけど返事が一切来ない感覚と一緒です(笑)。友達にも泣きついてました(笑)。もういてたってもいられず…

Google AdSenseにお問合せしました!

内容は『こうこうこのような点を改善し、記事も習慣的に投稿しているし、独自のコンテンツを発信しているのになぜ承認されないのか。』というような自信過剰な文を送りました(笑)。
すると一日もたたないうちに…

スポンサードサーチ

アドセンスに見事合格!

pass
この時は友達とファミレスに居たのですが、思わず渾身の『ヤッター』を出してしまいました(>_<) ですがそれほどうれしかったですね~

審査の1週間の間に何が起こっていたのか

アドセンスから来たメールによると、

通常では審査は1日で終えるらしいです。

なぜ1週間もの時間がかかっていたのか。

僕の場合は一週間経ってもアドセンス様から返事が返ってきませんでした。

アドセンスのお問い合わせフォームにて、1週間が経っても返信が来ない場合はお問い合わせくださいと記載されていたのでお問い合わせのタイミングを待っていました。申請から4日ほど経ったころには絶対メールしようと心に決めていたので、1週間が経つのをずっとソワソワしてました。笑

1週間でどのような変更をしたのか

記事を2つ投稿した以外に『多分これ』というのがございまして…

プライバシーポリシーのリンクをサイトに貼っていなかった。

絶対これですよ(笑)。理由があります。

まずプライバシーポリシーを作った時点で満足していた。

本当に作るのが面倒くさかったんです。すみません。笑

テーマを変更した

これがリアルな面ですね。実は僕はバズ部が提供しているテーマのXeory_Baseを前に使用してました。ですがブログを書くことをメインとして考えていた僕は、LPページなどを自分の想像通りのデザインにするために時間を割くというのは時間をとても奪われるなぁと思って、変更しました。
そんなわけで現在のテーマになったのですが、固定ページの設定方法が変わっていて、表示されていないことに気づきませんでしたね…笑

今回のまとめ

さて僕のアドセンス獲得に向けた行動はこのような感じです。この期間を通して重要だと思ったことは、『とりあえずadsenseの審査に申し込む!そして来なかったら、1週間後にメールを送る!』ということですね。あきらめず是非アドセンスの審査を頑張ってみてください!


最後まで見て頂き、ありがとうございました。何か気づいた点、質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

ではでは~、また会いましょう!